夢を叶える
チャネリング
BOOK☆

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
ミラクルハッピー
なみちゃんの
吉祥☆おみくじBOOK

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
恋とお金と夢に効く!
幸せな奇跡を起こす本
  

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
恋とお金と夢に効く!
幸せな奇跡を起こす本2
  

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
  
成功感性
  

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
  
成功感性2
  

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
マーフィー
「思い込み」ひとつで、
運命は変わる!

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
楽しむだけ
いくらでも
夢は叶う!

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
  
すべては必然!
  

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
あなたのパワーを
取り戻す
魔法の言葉☆

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪
なみちゃん☆
人気ベストセラー10冊!!
『幸運レディースセット』

ゴマブックス
クリックで購入先へ♪


佳川奈未 エッセイ

自給自足村への憧れ☆ 15/07/20

 

最近 とてつもなく 田舎に憧れる

・・・・・☆

大自然の中で 自給自足をし

のびのびと イキイキと 自由に生きる 

昔の原始人のような生活をしてみたいと

そう 

ひしひしと思うのだ

 

そう思いたったらいられない私は

それについて 調べてみた

そうして あるところをみつけ

さっそく いろいろたずねてみた

 

その自給自足村に住むためには

まずは

村長さまに面会し

なぜ その村で自給自足をして生きていきたいのか 

考えを述べないといけないという

 

そのあと 村長さまの案内で 村人たちにあいさつまわりをし

今度は 村人をとりまとめている長から

いろんなしきたりや約束事を教わらなくてはならないという

 

そこでは すべてにおいて いろんなルールや規則が

こと細かに 決められている

それに 従うことが そこに住むための条件なのだ

 

それを理解し 納得し 

村民からも 「入村」の許可を得られたら

その村での自給自足生活ができるというのだ

 

・・・・ んんんんん

 

それを聞いただけで 私は

息がつまりそうで

一気に苦しくなった

 

私には む む 無理ーーーーーーー!!!!

 

だいだい みんなと一緒に 同じことをするのが苦手だから

ひとりで好きな道をこうして生きているのだ

 

誰かの支配のもとで

誰かが決めた 細かいルールにのっとって

自分が ややもするとルールを踏みはずしはしないかと びくびくし

自分の言動がどうであるのかばかりを気にしつつ暮らすというのは

私には とうてい 無理だ

 

・・・ううっ

 

わかっている・・・・

 

人間はひとりでは生きていけないのだと

そして 

人とつながりながらでないと やっていけないと

 

けれども 

 

愛でつながるのはいい

しかし 

ルールでつながれるのは まっぴらごめんだ

 

ついこのあいだも

オーストラリアに移住すると そこへ行った友人が

半年もしないうちに帰国した

 

なぜ?

 

理由を聞くと

 

そこには 日本人村というのがあり 

新山者は そこでのルールに従わなくてはならず

なにかにつけ いちいち細かいことを言われるので

いやけがさしたというのだ

 

日本人のちまちました考えや 

他人に干渉ばかりするところが いやだと

のびのびできそうな国を選んで オーストラリアに行った彼女だったが

結局 日本人の 口うるさいおばさんたちに 泣かされて帰ってきた

 

日本人は なぜこうも 

ルールを 

縛りを

つくりたがるのか

 

・・・ 無条件に自分が受け入れられる場所というのは

ないのかもしれない

 

・・・・

ルールを守らない

というのではない

 

けれども どっちでもいい細かいことまで決められると

息苦しいだけだ

 

自由は いったい どこにある?

この国のどこに行けば 無邪気に のびのび 生きられる?

 

私のいまの仕事も 本当に自由だろうか?

一見 自由に見えて とてつもなく不自由な面も

いっぱいあるけれど・・・・

 

鳥でさえ 自由に空を飛んでいるのに

人間はどうしても ひとりで自由には 羽ばたかせてもらえない

社会から 逃げられない

 

もし 自由に飛び立とうものなら

批判と攻撃という 弾丸がとんできて

即刻 撃ち落とされる

 

もし 孤立しようものなら

永遠の 村八分で

孤独死があるのみだ

 

自由になりたい!!

 

何も考えなくてもいい 一日中ぼーっとできる平和な暮らしがしたい

誰にも会わずに 

消えたようになっていたい

 

毎日 野原に大の字になって寝ころんで

青空を仰ぎ 風にふかれ 

真っ白なハートで生きていたい

 

疲れているのかな? 私は

いまに はじまったわけではないけれど

 

・・・・

子どもの頃 早く 親から逃れたかった

 

大人になったら きっと 

自由になれるだろうと思っていた

 

けれども 実際は

大人になるほど

不自由になり

自由など かけらもなくなった

 

いまとなっては 自由は もう

永遠の憧れでしかないのかもしれないと

そう思えるものになってしまった

 

そうだ!

 

なにも自給自足村に行かなくてもいい

 

勝手に そうして 生きていけばいいのだ

 

どこか空気のきれいな

空と海と山のある ほのぼのする 風景の中で

 

          ミラクルハッピー 佳川 奈未

 

PS  自給自足生活の知恵と経験をお持ちの方

    教えてくださいませ♪

   しかし私は それをうまくやれるのだろうか?

   4月に咲かせたバラでさえ

   すぐに枯らしてしまったのに

   ・・・・ 野菜をうまく育てられるのだろうか

   とりあえず 

   子どもは すくすく育てられたが